念入りに旅行計画を立ててチケットを手配したのに、突然用事ができてしまって予定を変更しなければいけなくなったり、出発の直前に体調を崩してしまい旅行に行けなくなってしまうというケースは少なくありません。大手の航空会社で正規運賃で購入したチケットは後から日程を変更したり払い戻しの手続きをするのも比較的簡単で、わずかな手数料を払うだけでやってもらえる場合がほとんどですが、LCCはもともとチケットの値段が安いので変更不可能だったり払い戻し制度がないこともあるので注意が必要です。

ジェットスターの航空券の扱いは、予約するときのクラスによって異なります。エコノミークラスには「Starter」「Starter Plus」「Starter Max」の3種類があり、料金が一番安いStarterで予約した場合には日付変更のときに3~4千円程度の手数料がかかります。Starter PlusとStarter Maxは手数料なしで予約の変更ができますが、変更する日の運賃が購入金額よりも高い場合には差額分を支払う必要があります。ビジネスクラスの場合も同様です。

旅行に行けなくなってキャンセルする場合には、StarterとStarter Plusには払い戻し制度がないので支払った料金は戻ってきません。Starter Maxとビジネスクラスは3千円くらいの手数料を差し引いて金額を払い戻してもらえます。手続きは公式ホームページ、コールセンター、空港のカウンターで出発便の到着時刻前に行うことができます。悪天候や航空会社のミスなどが原因でフライトが欠航になった場合はどのタイプのチケットでも手数料なしで払った分の戻しを受けられます。

フライトの日付を変更する場合、すでに受託荷物や超過荷物のオプション料金を払っているときは追加で支払う必要はなく、最初に払い込んだ分を持ち越すことができます。最初から荷物オプションが含まれているStarter PlusやStarter Maxの場合も同じです。JetStarは基本の航空運賃が安いので何もオプションを付けずに手ぶらで移動するなら格安に旅行ができますが、変更や払い戻しの条件が厳しくて手数料がかかるので、確実に旅行の日程が決まっていなくて変更の可能性がある場合やキャンセルも考えられるときにはStarter Maxにしておいたほうが結果的に安く済むこともあります。予約するときには行ける日程をよく考えて決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です