旅行の計画を立てるのは楽しくて、連休を活用したり夏休みや年末年始など人気のシーズンの旅行は早めに予約をして確保するのが一般的です。しかし、せっかく早い時期にチケットを取っておいたのに体調が悪くなってしまったり、病気や怪我で旅行に行けなくなるケースや冠婚葬祭など予期しない別の予定が入ってしまい旅行を中止しなければいけないことも考えられます。大手の航空会社は普通運賃のチケットだけでなくバーゲン運賃で購入した場合でもある程度の払い戻しを受けられる制度を設けていますが、もともと料金が格安なLCCはキャンセル時の対応が大手とは異なるのでチェックしておく必要があります。

LCCの中でもジェットスターは利用者が多い人気のエアラインで、JALやANAに比べてはるかに安い値段で日本中を旅行したりアジアやオーストラリア方面の海外旅行にも行けるので利用者も増えています。航空券はエコノミークラスとビジネスクラスがあり、エコノミークラスはStarter、Starter Plus、Starter Maxという3つの運賃に分かれています。

払い戻しができるのはStarter Maxとビジネスクラスのチケットだけで、三千円程度の手数料を払うことで運賃を返金してもらえます。手続きは当日の出発時刻までに空港カウンターやウェブサイト、コールセンターで行う必要があります。StarterとStarter Plusには払い戻し制度がないので、乗らない場合は残念ながら支払った料金が戻ってきません。

Starter Plusだと日程の変更は無料で行えるので、キャンセルではなく別の日に変更という形にすればお金を損することなく旅行の日程を延期したり別の時間のフライトを利用できます。Starter Maxやビジネスクラスなら目的地の変更も無料でできるので、取り消しよりも変更のほうが便利です。ただし、変更する便が支払ったもとの便よりも高い場合には差額を払い込む必要があり、変更便が乗る予定だった便より安いときには差額の払い戻しは受けられません。荷物のオプションはそのまま引き継がれるので新たに払う必要はありません。

ジェットスターは成田や関空の発着便が多くて、海外にもたくさん路線を持っている便利な航空会社です。上手に使えば国内旅行並みの料金で海外に行けたり、電車やバスより安く飛行機に乗れるお得なチケットが手に入るので払い戻しや変更のことも念頭に置いて活用してみましょう。