Latest

LCCと呼ばれる格安航空会社の台頭により、より安くより身軽に海外や国内旅行を楽しむことができるようになりました。人気のあるLCCの一つであるJetStarを利用して旅行にいったこともあるのではなかったのではないでしょうか。上手にセールやキャンペーンを使えば、とてもお得に旅行することができるため、賢く利用することがLCCを活用するポイントです。その反面、予約するクラスや航空券のタイプによっては、フライトの日時変更ができなかったり、キャンセルができないということが多々あるため、予約する際には注意が必要です。

ジェットスターでは、エコノミークラスであるスターターと呼ばれるクラスの中に3つの運賃カテゴリーが存在します。一つ目は一番安い「Starter運賃」、二つ目は「ちゃっかりPlus」、3つ目は「しっかりMax」です。「Starter運賃」は料金がとにかく安い分、予約料金の払い戻しができません。日時の変更は可能ですが、変更手数料に加え、運賃の差額を支払う必要があります。また7キロまでの機内持ち込み手荷物は無料ですが、機内に預け入れる荷物は有料となります。「ちゃっかりPlus」はフライトの日時や氏名の変更が可能であり、運賃の差額を支払うだけで変更手数料は発生しません。

それに加え、無料で座席指定、機内食、20キロまでの受託手荷物が含まれます。ただし、予約料金の払い戻しは不可となっています。「しっかりMax」は、日時・氏名変更を無料で行うことができ、手数料がかかるものの払い戻しも可能です。当然、無料で座席指定ができ機内食も付いてきます。受託手荷物については30キロまで可能となっています。

旅行の日程が不確かであったり、取り消しをする可能性が高い時は万一のために「しっかりMax」のクラスで予約をしておくと、航空券は高くなってしまいますが、何かと安心です。自分が予約するクラスが取り消しすることができるものか、またその際に手数料がいくら発生するのかについて事前にしっかり頭に叩き込んでおくと、自分の旅行プランやスタイルに合わせて後々損をすることなく、旅行を楽しむことができるようになります。さらに、ジェットスターでは自分自身や一緒に旅行する人が急な病気になってしまった時、不幸があった時などには、特別な事由による措置として予約の取り消しを受け付けてくれることがあります。これを受け付けてもらうためにはウェブサイト上で申し込みが必要となります。

楽しみにしていた旅行の直前になって体調を崩したり怪我をするなどで行けなくなってしまったり、しっかり計画を立てたつもりだったのにどうしても避けられない用事ができて旅行を中止しなければならなくなるケースは意外とよくあります。JALやANAなど大手の航空会社で正規運賃で購入したチケットは簡単に払い戻しができて、割引を適用した場合でもある程度のお金は戻ってくるのでそれほど大きな損害はありませんが、LCCのチケットはもともとが格安なので変更や払い戻しを受けたい場合のルールを確認しておく必要があります。

ジェットスターで購入した航空券は、どのクラスを選んだかによってキャンセルの方法が異なります。エコノミークラスで一番安い「Starter」の場合は払い戻し制度がなく、変更の場合でも数千円の手数料がかかります。「Starter Plus」だと払い戻しはできませんが日付と日時の変更や搭乗者氏名の変更なら無料で行えるので、日程が完全に決まっていないけれどチケットだけは確保しておきたいというときに便利です。「Starter Max」だと日程の変更だけでなく目的地も無料で変更できるので自由度が更に高まります。払い戻しは手数料を三千円払うことで受けられるので、乗る予定だった便の出発時刻までにウェブサイトかコールセンター、空港のカウンターで手続きを済ませれば運賃を払い戻してもらえます。ビジネスクラスの払い戻しもStarter Maxと同様です。

Starter Maxは基本の料金がStarterよりもかなり割高なので利用する人はそれほど多くありませんが、日程や目的地を変更したい場合やキャンセル時には手数料がかからなかったり払い戻し制度があるためほかのクラスよりも損害を抑えることができます。荷物のオプションも含まれているので、受託荷物が重い場合はトータル料金が通常のエコノミーよりもお得になることもあります。

変更や中止の手続きは公式サイトのログインページやアプリを使って簡単にできるので、出発当日でも操作が可能です。旅行の日程がはっきり決まっていて確実に乗るならオプションを付けずに最安値のチケットを買うのが一番お得ですが、まだはっきりと日付がわからなかったり旅行に行けない可能性もあるときは多少割高でも荷物料金や変更オプションのあるStarter PlusやStarter Maxにしておいたほうが安心して準備ができます。

旅行の計画を立てるのは楽しくて、連休を活用したり夏休みや年末年始など人気のシーズンの旅行は早めに予約をして確保するのが一般的です。しかし、せっかく早い時期にチケットを取っておいたのに体調が悪くなってしまったり、病気や怪我で旅行に行けなくなるケースや冠婚葬祭など予期しない別の予定が入ってしまい旅行を中止しなければいけないことも考えられます。大手の航空会社は普通運賃のチケットだけでなくバーゲン運賃で購入した場合でもある程度の払い戻しを受けられる制度を設けていますが、もともと料金が格安なLCCはキャンセル時の対応が大手とは異なるのでチェックしておく必要があります。

LCCの中でもジェットスターは利用者が多い人気のエアラインで、JALやANAに比べてはるかに安い値段で日本中を旅行したりアジアやオーストラリア方面の海外旅行にも行けるので利用者も増えています。航空券はエコノミークラスとビジネスクラスがあり、エコノミークラスはStarter、Starter Plus、Starter Maxという3つの運賃に分かれています。

払い戻しができるのはStarter Maxとビジネスクラスのチケットだけで、三千円程度の手数料を払うことで運賃を返金してもらえます。手続きは当日の出発時刻までに空港カウンターやウェブサイト、コールセンターで行う必要があります。StarterとStarter Plusには払い戻し制度がないので、乗らない場合は残念ながら支払った料金が戻ってきません。

Starter Plusだと日程の変更は無料で行えるので、キャンセルではなく別の日に変更という形にすればお金を損することなく旅行の日程を延期したり別の時間のフライトを利用できます。Starter Maxやビジネスクラスなら目的地の変更も無料でできるので、取り消しよりも変更のほうが便利です。ただし、変更する便が支払ったもとの便よりも高い場合には差額を払い込む必要があり、変更便が乗る予定だった便より安いときには差額の払い戻しは受けられません。荷物のオプションはそのまま引き継がれるので新たに払う必要はありません。

ジェットスターは成田や関空の発着便が多くて、海外にもたくさん路線を持っている便利な航空会社です。上手に使えば国内旅行並みの料金で海外に行けたり、電車やバスより安く飛行機に乗れるお得なチケットが手に入るので払い戻しや変更のことも念頭に置いて活用してみましょう。

休みが取れそうなので早めに旅行計画を立ててチケットを手配したのに結局仕事を休めず行けなくなってしまったり、早々と予約しておいた日に突然別の用事が入ってしまって旅行に行けなくなることはよくあります。スケジュールは万全でも風邪を引いたり怪我をして出かけられなくなるケースもあるので、せっかく手配したチケットをどうするか困ってしまいます。JALやANAの正規運賃で買ったチケットや、旅行代理店を通じて購入したものなら払い戻しを受けられることもありますが、LCCの場合は規定が厳しくて代金がほとんど返ってこない場合も多いので、不要になった航空券の扱いも少し面倒です。

北海道や沖縄、オーストラリア行きの格安フライトが人気のジェットスターは基本的にキャンセルができません。購入のときに「Starter Max」のオプションを付けているかビジネスクラス以上のチケットを買った場合のみ三千円ほどの手数料を払って払い戻しを受けることができます。エコノミークラスの「Starter」と「Starter Plus」は乗らない場合は運賃を捨てることになってしまいます。チケットを譲歩したりオークションなどで転売するのは禁じられているので、購入時に登録した搭乗者以外の人が利用することもできません。

キャンセルするとエコノミークラスの場合は料金が無駄になってしまうので、不要なチケットは破棄するのではなく日程を変更して利用する方法があります。当日の出発時刻を過ぎていなければウェブサイト、コールセンター又は空港のカウンターで変更手続きができるので、都合のよい別の日のフライトを予約して旅行に行けます。Starterだと変更手数料が数千円かかりますが、Starter Plus以上なら無料で日程と時刻を変更できて、Starter Max以上は目的地も変更の対象になります。手数料は無料でも、変更する便が最初に払った便よりも高いときは運賃の差額を支払う必要があり、逆に安いときは払い戻しがないのでどの便に変更するのかよく考えてから手続きをしましょう。荷物オプションで支払った料金はそのまま引き継がれるので新たに払う必要はありません。

旅行は予定通りに行ければ最高ですが、予期せぬスケジュールが入ったり急病などでやむを得ず中止しなければいけないこともあります。ジェットスターの航空券は格安でも緊急時の手数料を考えると割高になることもあるので、どのタイプを選ぶかよく考えて予約しましょう。

念入りに旅行計画を立ててチケットを手配したのに、突然用事ができてしまって予定を変更しなければいけなくなったり、出発の直前に体調を崩してしまい旅行に行けなくなってしまうというケースは少なくありません。大手の航空会社で正規運賃で購入したチケットは後から日程を変更したり払い戻しの手続きをするのも比較的簡単で、わずかな手数料を払うだけでやってもらえる場合がほとんどですが、LCCはもともとチケットの値段が安いので変更不可能だったり払い戻し制度がないこともあるので注意が必要です。

ジェットスターの航空券の扱いは、予約するときのクラスによって異なります。エコノミークラスには「Starter」「Starter Plus」「Starter Max」の3種類があり、料金が一番安いStarterで予約した場合には日付変更のときに3~4千円程度の手数料がかかります。Starter PlusとStarter Maxは手数料なしで予約の変更ができますが、変更する日の運賃が購入金額よりも高い場合には差額分を支払う必要があります。ビジネスクラスの場合も同様です。

旅行に行けなくなってキャンセルする場合には、StarterとStarter Plusには払い戻し制度がないので支払った料金は戻ってきません。Starter Maxとビジネスクラスは3千円くらいの手数料を差し引いて金額を払い戻してもらえます。手続きは公式ホームページ、コールセンター、空港のカウンターで出発便の到着時刻前に行うことができます。悪天候や航空会社のミスなどが原因でフライトが欠航になった場合はどのタイプのチケットでも手数料なしで払った分の戻しを受けられます。

フライトの日付を変更する場合、すでに受託荷物や超過荷物のオプション料金を払っているときは追加で支払う必要はなく、最初に払い込んだ分を持ち越すことができます。最初から荷物オプションが含まれているStarter PlusやStarter Maxの場合も同じです。JetStarは基本の航空運賃が安いので何もオプションを付けずに手ぶらで移動するなら格安に旅行ができますが、変更や払い戻しの条件が厳しくて手数料がかかるので、確実に旅行の日程が決まっていなくて変更の可能性がある場合やキャンセルも考えられるときにはStarter Maxにしておいたほうが結果的に安く済むこともあります。予約するときには行ける日程をよく考えて決めましょう。